読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・ブログは何のために書かれるのか

ブログを書くことに結構悩んでいる。

以前ブログを書いた時、ブログは文章の練習と承認欲求のために書いていると書いた。

 

andhyphen.hatenablog.com

 文章を書くときの恐怖心は今も消えない。

自分の言葉がきちんと伝わるかどうか、常に不安だ。

本の感想とか何を書いても間違いなんてないと思うのだが、それでも不安になる。

自分は文章恐怖症なのだろうか。

ただほんの少しではあるけれど、自分の中の雑な感想(例えば「面白かった」とか)に肉付けすることはできるようになってきた。

その点で言えば少しは成長しているのかもしれない。歩みはのろいが。

承認欲求について思うところがある。というか、悩んでいる。

ブログはやはり「読まれたい」ものだと思う。別に大学ノートに書いたって構わないことを世界中に晒しているのだから、読まれないと嬉しくない。

「読まれたい」という欲求が書くモチベーションにもなるけれど、それが呪縛にもなるのを感じている。

以前の記事でid:fujiponさんがこんなブコメをつけて下さった。

f:id:and_hyphen:20160210191730p:plain

これ、簡単そうですごく難しいことだと思うのだ。

書きたい時に書き、書きたくない時には勇気を出して書かないこと。

読まれたいという欲求に負けて書けないのに無理やりブログを書くのは本末転倒だと思うのだ。

しかし、それでも、読まれたい欲求って、結構強い。

アクセス数が増えれば嬉しいし、アクセス数が伸びないと取り残された気分になる。

そして一時的にでもアクセスを増やすには、やはり、書くしかないのだ。

他にブログを書いている人はこういう感情に悩まされたりはしないのだろうか。

書きたい時に書けばいいのだ、と前回書いた自分が、なんとなく書くことへの呪縛に囚われているような気がして仕方ない。

自分の悩みは瑣末なものなのだろうか。

こうやって雑文を世界に垂れ流して何か答えはないものかと考える日々である。